英語を小さな頃から教育すべきです

教育の2020年問題で大きく変わる 昔私たちの国は鎖国を行っていて、他の国と関わる事をしていませんでした。ですがその鎖国も解除され、今では地球上の多くの国々と交流をするようにまでなっています。世界の国々と交流をする時に欠かせない物の一つとして、言葉があります。中でも世界共通語と呼ばれている英語は欠かせない物であり、英語なくして世界の人々と交流する事など出来ません。所が私たちの国は世界各国と交流しているにもかかわらず、この英語教育に全くと言っていいほど力を入れていません。

現在英語は小学校高学年から教えるようになっていますが、これでは全然遅すぎると思われます。言葉と言うのは幼い頃から教わっていないと、中々身に付くものではありません。ですから言葉である英語を教える場合は、遅くても小学校低学年からにすべきだと言えます。現在世界各国から私たちの国に外国の方が訪れ、外国の方と交流する機会が昔よりも増えています。ですから英語ぐらい話せる様でないと、外国の方々に良いおもてなしをする事が出来ませんので、早急に英語教育の低年齢化を進めるべきです。

Copyright (C)2019教育の2020年問題で大きく変わる.All rights reserved.